棟修理・巻き替え工事(アメガード工法)

崩れた棟の修理は

①基本的に棟の台土から修理する場合。
②単なる瓦の緊結導線がきれて瓦のずれを修理する場合。

※棟の修理で大事なことは・・棟の台土がしっかりしているか? 緊結線が瓦をシッカリ止めているか?
コーキングで瓦を処理するだけでは解決しない場合が有ります。無駄な工事費を拠出しないためにも的確なアドバイスとご提案をさせていただきます。
緊結線も最近では酸性雨の影響等細い導線は利用が少なくなってきてます。材料対応としては、ホルマル被覆銅線又はステンレス線等を用いる。工法的対応では緊結線を表面に出さない工法等も用いてます。

 

弊社の棟工事は、棟専用の南蛮漆喰『アメガード』一本仕上げをしております。

長年の施工実績を積重ねて公共工事にも幅広く利用され・山間部積雪地域でも対応できるように成分配合されています。従来の赤土よりも優れた水に強い棟専用南蛮漆喰をご提供しております。
(販売元:中国セラミックス)

南蛮漆喰アメガード
2018年02月02日